▼那覇空港から神戸空港の格安航空券を探す▼

>>那覇空港から神戸空港の格安航空券はコチラ


国内線13社の最安値を一括比較!

>>格安航空券を探す

出発空港のご案内(沖縄)
出発空港 那覇空港
>>那覇空港発の航空券を探す
kuukoumei
読み方 なはくうこう
ナハクウコウ
NAHA Air port
住所 901-0142
沖縄県那覇市鏡水150
地図
那覇空港の概要 那覇空港は沖縄県那覇市にある空港施設である。利用者数は日本国内の空港では東京国際空港、成田国際空港、新千歳空港、福岡空港、関西国際空港に次いで第6位の沖縄地域のハブ空港であり、国内幹線空港の一つでもある。空港法第4条1項6号に該当する空港として政令で定める空港に区分されている。
空港コード OKA/ROAH
滑走路 3000×45(18/36)
種別 拠 点(国)
TEL 098-840-1151
備考・関連サイト JTA、 琉球エアコミュタ第一航空(粟国・沖永良部・徳之島)
那覇空港

>>那覇空港発の格安航空券はコチラ

当日でも予約可能!国内格安航空券なら大黒屋トラベル

>>【公式】大黒屋トラベル

↓  ↓  ↓  ↓
到着空港のご案内(近畿)
到着空港 神戸空港
>>神戸空港着の航空券を探す
kuukoumei1
読み方 こうべくうこう
コウベクウコウ
KOBE Air port
住所 650-0048
兵庫県神戸市中央区神戸空港1
地図
神戸空港の概要 神戸空港は、兵庫県神戸市中央区に位置する地方管理空港である。愛称は「マリンエア」。 所在地の町名も「神戸空港」
空港コード UKB/RJBE
滑走路 2500×60(09/27)
種別 地方管理
TEL 078-304-7777
備考・関連サイト 神戸空港

>>那覇空港到着の格安航空券はコチラ


飛行機チケットについてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

業火の向日葵ってなんであんな酷評されてるんですか?逆にコナン映画…

業火の向日葵ってなんであんな酷評されてるんですか?逆にコナン映画で1番よかった作品はなんですか?

(質問のあった日:2018年6月3日)

かわむらあきお、櫻井、広中千恵美、佐々木恵子、堀内博之、業火、ひまわりについてのご質問のようですね。

全国160店舗展開のチケット大黒屋の国内格安航空券販売サイト
★国内10社の空席・料金が今すぐわかる! その場で予約・購入も可能!!(一部航空会社を除く)
★複数航空会社の組合せ予約も可能!
★スカイマーク・Jetstar・Peachなど格安航空会社も取扱中!

この飛行機チケットに関する質問に対する回答

名探偵コナン関連_業火の向日葵_



またかw



第19作目「業火の向日葵」

監督:静野孔文氏 脚本:櫻井武晴氏



◆題材・宣伝物



飛行機パニック×怪盗キッドでは尺が収まらない上、まるで第8作目「銀翼の奇術師」の二番煎じのような作品となってしまうため、ゴッホの「ひまわり」を持ってきたアートミステリーという櫻井氏のアイディアは斬新でとても良い。「絶海の探偵」同様、脚本が櫻井氏ということに加え、予告編やティザーポスター、ビジュアルポスター、キャッチコピー「お前に解けるか…この芸術が!!」というものからもしっかりとテーマ性を持った、第12作目「戦慄の楽譜」を超える芸術ミステリーになることが予測できる。タイトル「業火の向日葵」も、二度も業火に包まれた「ひまわり」を表現していて、とても良いように思える。

宣伝物における唯一の減点対象物は特報及び特報2であろう。本編同様、美術は素晴らしいが作画が安定していない上、キッドのわけのわからない行動、さらには「It‘s show time!」のイントネーションの不自然さなど、あまり惹かれるものではないことは確か。



◆脚本



文章を書く必要性すら感じられないほどの酷いストーリー。櫻井氏の脚本を改竄する権限は静野監督にもあるし、静野監督の他にもアニメ界では脚本を完全に無視したコンテを切る監督だってたくさんいるので「改竄した」というだけの事実に関しては別に問題視する気は特にない。問題は脚本を改竄してしまったことで、元の脚本よりかも改善が見られるどころか、青山剛昌氏の案であるトリックが使われた殺人事件丸々一つ消し去ったり、動機のシーンや暗号解読のシーンを大幅にカットしたりなどのアートミステリーとしての破綻を遥かに超え、完全にストーリーが破綻してわけのわからない脚本と化してしまったことである。結果、櫻井氏が公式本等で明らかに不満を述べるのはさすがに異常事態と言っ てもいいのではないだろうか。一応、櫻井氏の脚本は作品内に2割は残されているようだが、正直言ってこの作品はストーリー面などの、本来は脚本という類で評価していく部分で高評価できるものが何一つとして見当たらない。

構成面においての問題点を挙げていったらキリがないと本気で思っている。そもそも怪盗キッドの行動原理が謎であり、根底から問題があったようにも思える。アートミステリーとしても、雑すぎてわけのわからない第一の暗号の解読、第一の暗号と同じく明らかに説明不足な第二の暗号、宮台なつみのわけのわからない犯行動機やパソコンのデータを見せると言われただけでいきなり豹変して犯行を認める意味不明な展開など、アートミステリーのアの字すら感じられないものだらけ。また、仮面ヤイバーの形にスイカが割れるという意味不明なマシーンやエンジンが一基トラブルを起こした程度で尺を使いまくる飛行機パニック(おまけに「銀翼の奇術師」に飛行機アクションを超えてすらいない、なんとも 中途半端なシーン)、ラストの「沈黙の15分」の二番煎じのような展開など 、明らかに尺の無駄と言えるシーンが多々あるという点。あとの二つに関しては演出の問題もあるが、そもそもこんなシーンに長々と尺を使った構成に問題があると言わざるを得ない。アートミステリーとしての問題の3つ以外にも明らかに説明不足・掘り下げ不足なチャーリーの銃刀法違反を犯した急な違法捜査(そもそも電話相手のマークとは一体どこの誰やら)や唐突に東の口から出た武者小路、東とその兄との何の深みもつながりもないエピソード、などがある。キッドが博士のチケットを盗んだところでメリットなんてありゃしないのにも関わらず、エンディング後で繰り広げられた博士のチケットが盗まれていたという理解不能なオチや、館長がウメノを呼ばなければどう「ひまわり」を見せる気だった のかという脚本の穴、セキュリティの説明に尺を物凄く使っておきながら持ち込み品のチェックすらしないセキュリティの甘さも理解不能。…さらにTVアニメシリーズ219話での寺井の61歳という年齢設定を完全に無視した寺井とウメノ、東の第二次世界大戦でのエピソードと後藤の声を出すという完全に原作矛盾を働いた寺井の行動という未だかつてない過去作品との(前者はTVアニメ)矛盾を働いた二つのエピソードはさすがに目を瞑れない。この寺井とのエピソードをコナンは完全に聞いたわけではないので、キッドがなぜここまでして「ひまわり」を守ろうとしたのかという点が最後まで主人公にわからされていないのは致命的。エンジン付きではないハンググライダーで、あの低気圧の中、落石を避けながら 飛行するキッドのアクションは演出ともに意味不明。ストーリー面以外にも、上記の通りアクションを重視しすぎたあまり、ゲストキャラクターの描写や扱いなどがあまりに雑という欠点も ある。例えば七人の侍の中の石嶺などは一体何のために出てきたのかなどは、作品を見ただけでは、暗号と「七人の侍」のパロディのための数合わせにしか思えないのだ。

本作品は「名探偵コナン」としてでなく、「まじっく快斗1412」としてならまだ良かったなどの意見もあるが、上記の問題点より、どんな映画として見ても「意味不明」の連続であるこの映画のストーリーのクオリティの低さは許し難い。



◆映像



ここに関して触れる人間はとても少ないように思うが、この映画での数少ないの褒めどころ…というかこの映画における唯一の確立した褒めどころは間違えなく美術である。ゴッホの「ひまわり」をできるだけ似せていく一方で、他の背景美術にも力をいつも以上に入れている、と、渋谷美術監督の劇場版名探偵コナン最終作品として、美術面だけは上手くいったように思う。他にも、キャラクターデザインも上手くいったように思える。無駄にゾロゾロと登場した人物も、全員がそれぞれの特徴を持ったビジュアルなので、まだわかりやくなっている。それから最後にオープニング映像も、「絶海の探偵」や「異次元の狙撃手」ほどではないが、相変わらずの素晴らしさではあった。

問題はそれ以外全て。まず、「絶海の探偵」同様、絵コンテの画面構図、及び作画のクオリティが著しく低い。作画監督に関してはいつも通りの清水義治氏、野武洋行氏、 堀内博之氏、などに加え、TVアニメシリーズより広中千恵美氏とかわむらあきお氏ら総勢八名に加え、作画監督補に山中純子氏、岩井伸之氏、福永智子氏、佐々木恵子氏、大島美和氏など、こちらも総勢八名という圧倒的多さから、おそらく現場の状況がかなりきつかったのではないかということが伺える。それにしても、細かい引き絵の作画ミス等ならまだしも、終盤の蘭の見せ場でのキャラクターデザインとはかけ離れた、あの作画崩壊はさすがに見過ごせない。「異次元の狙撃手」を見る限り、かなりレベルアップしたかに思えた絵コンテもまた、「絶海の探偵」並みの酷さに後戻り。序盤のキッドのアクション演出は素晴らしいという意見もあり、確かにそれは認めるが、警官を明らかに傷つけたように見える描写を入れたりなど、演出のクオリティ 以前にそのキャラ崩壊的行動原理が減点対象にあたるため、序盤のキッドのアクション演出シーンすら良いとは言えない。おまけに絵コンテも不自然すぎて、はっきり言って何をやっているのかわからない状態。終盤のレイクロックでのアクション演出・「沈黙の15分」よりもさらに酷い劣化版のような演出はもはや論外。序盤に「ひまわり」を紹介するシーンや、宮台が新一の推理を聞きキレるシーンの演出も、一つ一つの演出が過剰すぎて非常に見にくい。テンポをあげるためか、この映画の場面切り替えもさすがに高速すぎて違和感が生じる。色彩設計も加藤里恵氏から中尾聡子に代わったことにより、例えば次郎吉や侍たちが部屋に集まったシーン(探偵団がひまわり展に行きたいと強請るシーンや、次郎吉が殺人未遂の被害にあったシーン)での色彩設計・仕上げが異様に明るく、目に悪い上かなり不自然(同じようなものが「から紅の恋歌」においても見られる)。それから、題材的に仕方ないことではあるが、エンディングの映像がひまわりをひたすら 見せてくるだけで飽きてくる。



◆声優



大川透氏などの名演技がもはや台無しになったと言っていいほど、今回のゲスト声優の演技は酷かった。榮倉奈々氏は「11人目のストライカー」とは違い、犯人というとても重要な役柄を任されているにも関わらず、この演技力はさすがに言葉も出ない。



◆音楽



音響効果などには特に違和感はなく、「コナンvsダークキッド」や「ひまわりの哀歌」など、オリジナルサウンドトラックは基本的に良曲が揃っていて、BGMで違和感を覚えたシーンは特にないが、逆に印象に残るものも特にない。主題歌「オー!リバル」の曲調はこのアクション映画と化した本作とはあっていたが、歌詞はキッドとコナンとの関係性を描いているかと思いきやそんなこともなかったのが非常に残念。



◆総合



静野監督が改竄したストーリーだけでなく、ゲスト声優、作画、色彩設計、演出等々の問題点もあるため、確立して褒められる点がほとんどない。原作矛盾の度合いと数などから、山本監督がやっていたところで傑作クラスになっていたかと聞かれれば首をかしげるが、間違えなく静野監督には不向きな題材であったため、彼だけにはやらせるべきではなかったと断言できる。櫻井氏と静野監督との相性の悪さが完全に表に出た、歴代最低駄作である。



いい点、悪い点の両方を書き出した僕なりの感想文です。暇潰しにでも読んでください(日本語がち下手ですがw)



最高傑作は

第04作目「瞳の中の暗殺者」

監督:こだま兼嗣氏 脚本:古内一成氏



リンク2

格安国内航空券に詳しい管理人からの補足コメント




◆人は人、自分は自分で良いんですよ。





◆犯人の動機かな

>>那覇空港から神戸空港の格安航空券

>>【公式】大黒屋トラベル



大黒屋トラベルTop > 沖縄発 > ・沖縄発 > 那覇空港から神戸空港の格安航空券

当サイトは那覇空港から神戸空港の格安航空券の情報や那覇空港・神戸空港のデータについて情報提供するサイトです。


粟国空港から但馬空港の激安航空券
与那国空港から岡山空港の激安チケット

こちらの記事もよく読まれています

久米島空港から佐賀空港の航空券

▼久米島空港から佐賀空港の航空券を探す▼ >>久米島空港から佐賀空港の航空券はコチラ 出発空港のご案内(沖縄) 出発空港 久米島空港 >>久...

石垣空港から広島空港の格安チケット

▼石垣空港から広島空港の格安チケットを探す▼ >>石垣空港から広島空港の格安チケットはコチラ 出発空港のご案内(沖縄) 出発空港 石垣空港 ...

北大東空港から仙台空港の格安チケット

▼北大東空港から仙台空港の格安チケットを探す▼ >>北大東空港から仙台空港の格安チケットはコチラ 出発空港のご案内(沖縄) 出発空港 北大東...

南大東空港から調布飛行場の激安チケット

▼南大東空港から調布飛行場の激安チケットを探す▼ >>南大東空港から調布飛行場の激安チケットはコチラ 出発空港のご案内(沖縄) 出発空港 南...

宮古空港から中部国際空港の格安航空券

▼宮古空港から中部国際空港の格安航空券を探す▼ >>宮古空港から中部国際空港の格安航空券はコチラ 出発空港のご案内(沖縄) 出発空港 宮古空...