▼利尻空港から釧路空港の激安航空券を探す▼

>>利尻空港から釧路空港の激安航空券はコチラ


国内線13社の最安値を一括比較!

>>格安航空券を探す

出発空港のご案内(北海道)
出発空港 利尻空港
>>利尻空港発の航空券を探す
kuukoumei
読み方 りしりくうこう
リシリクウコウ
RISHIRI Air port
住所 097-0101
北海道利尻郡 利尻富士町鴛泊字本泊1143
地図
利尻空港の概要 利尻空港は、北海道利尻郡利尻富士町にある地方管理空港 である。
空港コード RIS/RJER
滑走路 1800×45(07/25)
種別 地方管理
TEL 0163-82-1770
備考・関連サイト 利尻空港

>>利尻空港発の格安航空券はコチラ

当日でも予約可能!国内格安航空券なら大黒屋トラベル

>>【公式】大黒屋トラベル

↓  ↓  ↓  ↓
到着空港のご案内(北海道)
到着空港 釧路空港
>>釧路空港着の航空券を探す
kuukoumei1
読み方 くしろくうこう
クシロクウコウ
KUSHIRO Air port
住所 084-0926
北海道釧路市鶴丘2
地図
釧路空港の概要 釧路空港は、北海道釧路市にある空港。空港法では第4条1項5号に該当する空港として政令で定める空港に区分されている。滑走路など施設の一部は白糠郡白糠町に跨る。愛称はたんちょう釧路空港。
空港コード KUH/RJCK
滑走路 2500×45(17/35)
種別 拠 点(国)
TEL 0154-57-8304
備考・関連サイト 釧路空港

>>利尻空港到着の格安航空券はコチラ


国内航空券についてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

国際線のエコノミークラスの座席は、 国内線の座席と同じくらいの狭さ…

国際線のエコノミークラスの座席は、 国内線の座席と同じくらいの狭さでしょうか?



国内線は年6回ほど乗るのですが、

国際線に乗ったことがありませんのでエコノミークラスの座席のイメージがつきません。



今度成田からシカゴまで12時間ほど乗るのですが、

周りからエコノミーは地獄!やめたほうがいい!

せめてプレミアムエコノミーにしたほうがいい!と言われ不安です。

エコノミーとプレミアムエコノミーだと価格差が往復9万円程あるので、グレードアップすべきか迷っています。

(質問のあった日:2018年7月9日)

プレミアム、エコノミークラス、座席、価格差、国際線、質問者、航空会社についてのご質問のようですね。

全国160店舗展開のチケット大黒屋の国内格安航空券販売サイト
★国内10社の空席・料金が今すぐわかる! その場で予約・購入も可能!!(一部航空会社を除く)
★複数航空会社の組合せ予約も可能!
★スカイマーク・Jetstar・Peachなど格安航空会社も取扱中!

この国内航空券に関する質問に対する回答

どちらも乗りますし、エコノミー、ビジネス、ファースト、プレミアムエコノミーどれにも乗ったことがあります。

成田、羽田からシカゴ行きも何度も乗っています。

ただ、ANA派なのでANAでの経験、、、ということで書きます。



座席は航空会社によって違います。

個人的には国際線のほうが狭く感じますが、小柄な人なら気にならないと思います。

以前隣に座った女性は座席の上で胡坐でずっと編み物してましたが、質問者さんが大柄だとキツイと思います。

(それでも数年前の型の古い機材の時の座席に比べたらモニターは大きくなるはUSBの充電口もついたりで随分快適になったと思います。先月末に搭乗した際はエコノミーでしたが、座席のヘッドレストが上下するのは知っていましたが、緩いUの字に変形できることを初めて知って、これ+ネックピローで大分快適でした。)



ちなみに私は身長188?、体重90?くらいです。

この身長だと、エコノミーは膝が前の座席に当たって痛くなるのです。

100均で売ってるエアー座布団を買ってあるのでいつもそれを隙間に挟んでいます。



先に書かれた方も書かれていますが、なるべく過ごしやすいようにするのもコツです。

ネックピロー、エア枕(腰の下に敷いたり抱いたり)、耳栓、アイマスクなんてあると快適です。

座席についたら即、私は靴は脱ぎます。

携帯スリッパに履き替えてて置きます。

窓側のほうが多少広く使えるのですが窓側だとトイレに立ったりなんなりの際に隣の方に声かけたりで面倒です。

逆に通路側だとぶつかる他の乗客さんやCA(笑)、隣の方の移動で起こされます。

個人的には搭乗と降りる際に待ちますが、2列の窓側が楽です。



プレミアムエコノミーは確かに広いんですが、そこまでエコノミーと極端に違うかなぁ。

というのが本音です。

機内食もそこまで極端に変わりませんし、ビジネス、ファーストに比べたら圧倒的に狭いですし、、、プレミアムエコノミーにアップグレードするなら、私なら我慢してでもその分の予算を現地で使います。

搭乗前後にラウンジ使えるのはシャワー使えたりで楽ですが、、、。

それなら金券ショップ等でラウンジ利用券買ったほうがアップグレードより安く済みます。



質問者さんが平均身長、体型ならグッズで我慢できると思います。

それと快適具合は隣に座る人によってもだいぶ変わってきますよ。

リンク2

格安国内航空券に詳しい管理人からの補足コメント




◆*エコノミークラスの座席に関して、そのシートの大きさは国内線、国際線で同じです。若干違うとすればシートピッチが異なります。シートピッチは34インチを最大にして、1インチ毎に28インチまで変えられるようになっています。200席で、1時間もあれば変更できますので、航空会社は、季節(忙繁期?)、客筋(ツアー客?)、路線(ドル箱?)を見てコロコロ変更します。国際線では32インチが多く、国内線で30〜31インチが多く使用されます。ご指摘のようにドル箱路線と呼ばれる、成田―シカゴ、成田―NY、成田―パリ等では34インチが多く使われています。

*最近のエコ・クラスは経済設計化が進み、シートは薄く、リクライニングは小さく、決して快適とは言えなくなりました。しかし安価になったのは確実で、このクラスを乗りこなすためには多少のテクニックが必要となりました。

(1)狭い、窮屈であることを“想定内”にして、宇宙飛行士になったつもりで乗り込みます。この想定内にすることができれば、第一関門通過、OKです。気分的にとても楽です。

(2)多少の快適グッズを利用して、(自己防衛を兼ねて)シートを自分流にリホームします。

ズボンはゆったり目のスエットに着替え、靴はスリッパに履き替えリラックスします。ビーズ入りネックピローで首回りを支え、薄いシートに高反発クッションを敷いてお尻の痛さを緩和し、安定性のあるフットレスト(プレート製)で足を支え、足の血行を良くします。このようにすれば、プレ・エコ並みの快適さをえることができます。

(注)快適グッズの使用について、よく“・・・は機内使用が禁じられている”とか書き込みがみられますが、まったくの“嫌がらせ”です。乗客は他人様に迷惑にならないように気を使いながら、エコノミー症候群やムクミ対策などをさけるため、自己防衛上やむなく使用します。こんな過酷な環境をつくり出す航空会社に、“使用禁止など”と言う資格は全くありません。もし、CAさんがそんなことを口に出せば“顔面パンチ”を覚悟しなければなりません。

(3)成田―シカゴ線は各航空会社にとって、ドル箱路線、エコ・クラスも最上のものが用意されています。投稿者さんも、上述のような対策をして、最近のエコ・クラスを上手に乗りこなしてほしいものです。





◆LCCの中にはマジで狭くリクライニングも浅くて4時間も座っていたらほとほと疲れてしまうものもありますが、シカゴまで飛んでいる直行便なら大手航空会社となり、どの航空会社であれ多少の差はあれど、LCCほどの醜さはないでしょう。

プレミアムエコノミーでも大差はありませんよ。 座席ピッチがやや広く取られ、リクライニングも深めになるところが多いですが、加算料金に見合うメリットがあるかと問われれば、些か疑問ですね。





◆JALのスカイスイート機材のエコノミーなら、よほど太ってない限り 地獄ではないよw 16インチシート機材は普通体形でも かなりきついので避けた方が良いね。





◆航空会社、機種により、広さは違います。

具体的に航空会社や便名を入れないと、誰もわかりませんよ。



エコノミーが地獄かどうかは人によります。

普段からファーストしか乗ってない人にとっては地獄でしょうし、普段LCCにしか乗っていない人にとっては天国かもしれませんよ。





◆国際線しか乗ったことがないので比較はできませんが、当然ながら航空会社や機種によってそれぞれ違います。

利用される航空会社と、機種名、等で検索すると正確な座席間の数値が見つかったりします。



ロングフライトで、大手の航空会社のエコノミーで飛んだことが何度かありますが、別に死ぬほどではありませんでした。

腰痛持ちなので、腰が浮かないようにピローを借りたり、首がいたくないように首枕を用意したりしました。

あと緊張をほぐすために、痛み止めと湿布薬をいつも利用します。



ロングフライト向け対策は検索すればいろいろ出てくると思います。

今は映画が見やすくなっているので、退屈せずに済むと思います。

乾燥しているので、マスクやのど飴も持ち込みます。



そんなに金額差があるならば、その分で事前にマッサージに行ったり、現地で美味しいものを食べる方に使いますね。

お金に余裕があるならば、もちろんプレミアムがお勧めです。

>>利尻空港から釧路空港の激安航空券

>>【公式】大黒屋トラベル



大黒屋トラベルTop > 北海道発 > ・北海道発 > 利尻空港から釧路空港の激安航空券

当サイトは利尻空港から釧路空港の激安航空券の情報や利尻空港・釧路空港のデータについて情報提供するサイトです。


旭川空港から帯広空港の航空券
稚内空港から中標津空港の格安航空券

こちらの記事もよく読まれています

新千歳空港から屋久島空港の格安航空券

▼新千歳空港から屋久島空港の格安航空券を探す▼ >>新千歳空港から屋久島空港の格安航空券はコチラ 出発空港のご案内(北海道) 出発空港 新千...

函館空港から新島空港の最安値航空チケット

▼函館空港から新島空港の最安値航空チケットを探す▼ >>函館空港から新島空港の最安値航空チケットはコチラ 出発空港のご案内(北海道) 出発空...

旭川空港から与論空港の格安航空チケット

▼旭川空港から与論空港の格安航空チケットを探す▼ >>旭川空港から与論空港の格安航空チケットはコチラ 出発空港のご案内(北海道) 出発空港 ...

旭川空港から山形空港の格安航空チケット

▼旭川空港から山形空港の格安航空チケットを探す▼ >>旭川空港から山形空港の格安航空チケットはコチラ 出発空港のご案内(北海道) 出発空港 ...

新千歳空港から東京国際空港の格安航空券

▼新千歳空港から東京国際空港の格安航空券を探す▼ >>新千歳空港から東京国際空港の格安航空券はコチラ 出発空港のご案内(北海道) 出発空港 ...